佐川氏の証人喚問での表情から当時の責任者としての覚悟と責任を押し付けられた無念を感じた

佐川氏の証人喚問での表情から当時の責任者としての覚悟と責任を押し付けられた無念を感じた

3月27日 国会にて衆参合わせて4時間の佐川元国税庁長官の証人喚問が行われました。結論から言うとほとんどの質問に対して『捜査を受けている身なので』『刑事訴追を受ける恐れが有る』等の発言に終始し、真相究明にはほど遠い内容でした。

しかし、安倍首相・昭恵夫人・麻生財務大臣の一連の経緯への関与を問われると明確に『ございませんでした』と否定。そりゃそうでしょうね。

国会の証人喚問の場で安倍首相や昭恵夫人・官邸から何らかの指示・関与がございましたなんて言う訳ないでしょう。仮に本当に官邸側の関与があったとしても、関与があったという証拠なんて万に一つも出てくる可能性はないでしょうし。

証拠が出てこないなら偽証罪にも問われない訳で。どう考えても今日あの場面では官邸サイドの関与が『ございませんでした』しかありません。

残念ながらこの森友問題については真相は究明できないでしょう。今日の証人喚問で官邸・自民党・佐川氏自身の三者の中で筋が書けているのは明確です。

佐川氏が責任を認め、理財局内でやった事だと。官邸・政治家の関与なし。これが本筋です。

真実は違う所にありますが、真相はこのように構築されてしまったのです。国民全体が釈然としない気持ちになっていると思います。

しかし、その決済文書が書き換えられた当時の理財局局長が佐川氏だったのです。責任は佐川氏にあるというのも一理はある。でも何のために、本当は誰が指示したのか(佐川氏ではないでしょう)

これについての真実は闇に葬られてしまうでしょう。すごく釈然としませんが…。

大阪地検特捜部も安倍夫妻・麻生財務大臣・官邸 ここらへは踏み込めないでしょう。明確な証拠をとれる可能性は限りなく低いでしょうし。

官邸側が書いた絵の通りで決着でしょうね。国会審議も進めなければならないでしょうし。

今回の証人喚問では、個人的に佐川氏の無念だけが印象に残りました。佐川氏独断で書き換えの指示なんてしませんて。みんなそう思ってます。何も得しないですし。

そりゃ国税庁長官まで上り詰めるんですから、常人の何倍も努力してきたんでしょう。我々には解らないいろんな苦悩や葛藤もあったでしょう。

ですがそのキャリアの最後にこういった形で、ある意味泥をかぶらされた訳です。無念でしょう。

しかし、佐川氏もまだまだ老け込む年齢ではないですし、どういった形になるにせよ活躍して欲しいものです。