貴乃花親方が降格処分により年寄へ。組織の中から改革を行う難しさを感じた

貴乃花親方が降格処分により年寄へ。組織の中から改革を行う難しさを感じた

貴乃花部屋の新十両貴公俊関による付き人への暴力問題で、29日相撲協会理事会は師匠である貴乃花親方に2階級降格、貴公俊関に出場停止1場所の処分を下しました。

これは結果的に愛弟子貴公俊を師匠であり親である貴乃花親方が守り抜いたという話でしょう。フジのグッディで木村太郎さんが『クーデターして生き残ってるなんて、組織論からするとあり得ない』って言ってました。

相撲協会ってこういう考え方の人ばかりなんでしょうね。そもそもこの一連の騒動って貴乃花親方のクーデターなんかじゃないですけど。

弟子である貴乃岩が元横綱日馬富士から暴行を受け、それを重く見た貴乃花親方が警察に被害届を提出し協会へは報告しなかった。(報告したがもみ消されそうになったので警察に被害届け提出という流れの可能性もあり)

まずこの貴乃花親方の行動の何がクーデターなんですかね。その後も言った言わないみたいな事をずっと繰り返してましたけど、表に出てきてる報道が全てじゃないでしょう。

あれだけ相撲協会は隠蔽体質なんですから協会から貴乃花親方や貴乃岩に対して、理不尽な指示(暴行被害の隠蔽など)があったと考えるが普通では?

そりゃ看過できませんて、あれだけ弟子に愛情注いでる人なんですから。どこの世界に自分の子供が暴行を受けて黙ってられる親がいるんですかね。

そのあたりのそもそも論は忘れて、組織に逆らった人間がその会社で生き残って仕事するなんてありえないって…。そんな考え方では永久に相撲協会というか組織そのものの改革なんか無理ですよ。

良くも悪くも心の根っこは相撲のため組織のためと思って行動しているような人間をクーデターに失敗した負け犬呼ばわりするなんて。ずれすぎでしょう。おかしいです。

今の相撲協会執行部に組織全体の改革を押し進めれるような器の人っていますかね?私は全然いないように思います。

理事長はじめ執行部の人間が矢面にたって改革を進める決意を示していかなければいけないのに、出る杭うってふんぞり返ってるだけでしょう。

貴乃花親方は一連の騒動で、奇人変人扱いみたいな感じに報道されていますが、あれだけ大きな組織にもの申して、自分の主張を貫こうとしたのに(やり方の是非は置いといて)マスコミも偏重報道が過ぎやしませんかね。

貴公俊関のしてしまった事は絶対やってはいけない事ですが、師匠が矢面にたって守ってくれた事で、軽い処分で済みました。まだまだ若い力士なのでこれからの活躍に期待したいですね。

貴乃花親方もここは耐え忍んで、あまり多くは語られませんがその理想とする相撲道の実現を諦めないでいただきたいです。