麻生財務大臣の森友問題とTPP11を引き合いに出した発言について

麻生財務大臣の森友問題とTPP11を引き合いに出した発言について

麻生財務大臣が29日の参議院財政金融委員会で、TPP11の新聞報道がほとんどないと指摘。『森友の方がTPP11よりも大事と考えているのが日本の新聞のレベル』などと発言しました。

その後も『新聞は読まないがTPPの扱いは小さかった』と発言したり、日本の新聞報道に物申したいのは良いですが、言い方とか発言の整合性とか裏取りとか、なんか全てが稚拙すぎやしませんかね。

 

新聞読まないのになんでTPP11に関する扱い小さいとか判断できるんですか。読まないならわからんでしょう。

ネットニュースでも見てそう思ったんですかね?でもネットニュースでは結構TPP関連の記事上がってましたよ。結構な頻度でニュースとかチェックしてるんで間違いないです。

とりまきから大体話し聞いてとかそんなレベルでしょう。だいたい森友学園に関する決済文書改ざん問題は麻生大臣の管轄である財務省での問題です。

その財務省に対する監督責任は麻生大臣にあります。自分の責任は置いといてマスコミにTPPと比べて森友の方が大事なのか?その程度か?って…。

こんな稚拙なやりとりをするような人が大臣やってるんですからねぇ。しかも元総理大臣ですし….。

今に始まった事じゃないけど政治に対する不信感というかもう誰がやっても同じだろうっていう閉塞感が打破される事ってないんでしょうね。個人的には橋下氏に期待してるんですが…。