Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vietanchor/koredon.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

仮想通貨ビットコイン相場はリスク資産の先行指標となり得るか

仮想通貨ビットコイン相場はリスク資産の先行指標となり得るか

昨年2017年ごろから急速に注目され始め、年末にかけて相場が急上昇した仮想通貨。その中でも第一位の時価総額を誇るのがビットコインです。

いわゆるリスク資産(株式・投資信託・FX等)からの資金が一気に昨年年末に仮想通貨相場へと流れ込んだと考えられ、という事はビットコイン相場の変動はリスク資産を好んで選好する投資家のリスク許容度に大きく影響すると考えられます。

年明けからの仮想通貨暴落により、保有資産の評価額が減損し、含み損を抱えた投資家の中には株式相場などから一旦資金を回収した人もいるでしょう。

現状の仮想通貨相場を含めたリスク資産相場は、仮想通貨(主にビットコイン)の値動きが先行指標となっていると考える事もできます。

しかし、今の状態が続くかどうか、すなわち今後も仮想通貨相場がリスク資産を選好する投資家にとって、魅力的な相場で有り続けるかどうかはもう少し時間の経過と相場の動きを観察する必要がありそうです。

仮想通貨相場が株式相場や為替相場同様、リスク資産の有力な投資先として定着するかどうかは、仮想通貨自体が社会に定着するかどうかにかかっています。

私個人の意見としては仮想通貨は社会インフラとして機能する可能性は十分あると感じており、現物通貨の代替としての役割と、もっと広義での社会インフラとしての働き(イーサリアムのスマートコントラクトなど)も期待できます。

 

社会インフラとして機能するとすれば、仮想通貨相場は非常に魅力的な投資先となり、株式相場や為替相場にも影響を与えるような市場規模となるでしょう。

リスク資産の保有は投資家の自己責任であり、投資先の選定は慎重に注意深く、でき得る限りの情報を持って選定すべきです。

10年、20年後のために仮想通貨についての情報をでき得る限り取得しておいた方が良いという事だけは言えるでしょう。