珠玉の名著「論語」より今日の一節 『志は奪えない』

珠玉の名著「論語」より今日の一節 『志は奪えない』

 

大軍であっても、その司令官を奪い取ることができるが、たった一人の男であっても、その志を奪い取ることはできない。

 

志を持って生きる人から志を奪うことはできません。真の志は自らの心内で定めるため、まわりの人間から何を言われようがぶれる事はありません。

極端に言えば死をもってのみ志は奪う事ができます。しかし、志ある人のまわりにその志に惚れ込んだ人がいるなら、その志は本人が死んでも志だけが生きていきます。

現代に生きる人間の中で、真の志を持って生きる人間は残念ながら多くはいません。死をとしてなすべき事などほとんどないからです。

死ぬ気でがんばる人は多いですが、成し遂げられなければ本当に死ぬ覚悟で物事に取り組んだ経験がある人間などごく少数でしょう。

故に真の志を持った人間に人々は惹き付けられます。真の志を持った政治家が一人でもいるならば、この日本ももう少し違った形となるかもしれません。

今の政治の停滞はひどすぎます。問題になっている事柄のレベルも低すぎます。志を語る以前の話で、日本人はもっと現状の日本の政治状況を憂い、危機感を持つべきだと考えます。