珠玉の名著「論語」より今日の一節 『知識をひけらかすだけの話し合いはダメだ』

珠玉の名著「論語」より今日の一節 『知識をひけらかすだけの話し合いはダメだ』

 

集まって一日中話しているというのに、意義のある話は何もせず、小賢しい知識をひけらかしてばかりいるというのでは、どうしようもない。

 

会社組織で働く人ならこの言葉はピンとくるでしょう。現場を知らない管理職や経営者による小手先の知識や机上の理論だけによる長々とした会議。

あれほど生産性のない仕事はないでしょう。そんな事をする暇があれば自らが顧客や現場の声を聞きに行けば良いのです。

座して全てを見通せる賢人でもあるまいし、だらだらと会議室で無為な議論を進めても何もならない事のほうが多いです。しかし、会社組織はそれをやりたがる。

最低でも現場とツールを使ってリアルタイムで話しをしながら会議進めるのならまだましですが、それもやってない組織の方が多いのでは。

そんな無駄な会議を減らすだけでどれだけ生産性が上がるか計り知れないですね。

 

管理者や経営者が集まって長々と議論しないと意思決定できない時点で、その会社組織はダメでしょう。意思決定の早さが勝負の時代ですよ。

意思決定に関わる情報は常に最新のものに整備されていて、経営者は最も新鮮な情報を元に迅速に意思決定することができる。これがこれから勝ち残っていける企業のあるべき姿だと思います。