麻生大臣の質問への対応や適切な言質を選べない事に大いに問題はあるが、最近のマスコミの偏向報道にも危機感を覚える

麻生大臣の質問への対応や適切な言質を選べない事に大いに問題はあるが、最近のマスコミの偏向報道にも危機感を覚える

 

麻生大臣の失言・放言が止まりません。

 

 

 

まあ元々失言のたぐいは多い人ですし、問題になった事も過去にあります。ここ最近の一連の報道を見ていて思うのは、確かに麻生大臣の対応や言質の選択は良くないです。

しかし、あまりにもマスコミは麻生悪しの流れの中で、麻生大臣の良くない発言だけを切り取って報道しすぎです。印象操作という懸念を持たれても仕方がないですよ。

麻生大臣の問題発言の前後の発言まで含めてきっちり報道すればここまで悪い印象を持つ事もなかったのでは?と思ってしまいます。

 

政治家の発言に対してこういった印象操作にも似た報道手法をしていると、本質的な議論の部分が国民に伝わらないあるいは抜け落ちてしまうのではないかと。

それは無意識のうちに国民がメディアに情報を統制されているようなものですよね。言論の自由を守る立場のはずのメディアが言論に対してフェアじゃないなんて事はあってはならないはずです。

もし今の状況で、麻生大臣が国策や国会運営に対して、国民に有益な情報を発信しても正しくメディアを通じて国民に伝わるのですかね?甚だ疑問です。

 

先入観を持った偏向報道は悪用されればかなり影響力のある印象操作に繋がります。そういったリスクも常にある事を心がけて大手メディアはフェアな報道をしてもらいたいですね。