国内ニュース

1/2ページ

麻生大臣の質問への対応や適切な言質を選べない事に大いに問題はあるが、最近のマスコミの偏向報道にも危機感を覚える

  • 2018.05.16

  麻生大臣の失言・放言が止まりません。   麻生財務相が8日、再び「セクハラ罪という罪はない」との持論を展開しました。文書改ざん問題では「組織としてどうという意識でみてない」として組織でなく個人の問題との認識を示しました。朝刊で詳しく展開します。ほぼノーカット版動画は東京新聞チャンネルでどうぞ⇒https://t.co/Et9MopAiuQ pic.twitter.com/F […]

外国人介護実習生を6月より受け入れへ 人手不足を補う意図は理解できるがまずは介護職の待遇改善を

  • 2018.05.13

  これまで外国人技能実習制度において介護職は許認可されておらず、08年より始まった経済連携協定による外国人介護福祉士候補者の受け入れや、 一部外国人留学生によるアルバイト勤務などで介護施設での外国人雇用は少数に留まっています。   そこで、昨年11月に追加された介護職のカテゴリーを利用し、6月より外国人技能実習生の介護施設での雇用がスタートします。 日本の介護現場の人手不足は […]

自民党国対委員長が衆議院解散も選択肢の一つと言及しているが、恥を晒すだけなので解散はあり得ない

  • 2018.04.25

混乱が続く政治情勢の中で、野党側から内閣不信任案が提出されれば、衆議院解散も選択肢の一つというコメントが自民党国対委員長から飛び出しました。   自民幹部、衆院解散は「一つの選択肢」-野党は反発 https://t.co/p8uAXuZKsG pic.twitter.com/V58kBgtJBQ — ブルームバーグニュース日本語版 (@BloombergJapan) 2018年4月25日 […]

セクハラのようなデリケートな問題は疑いが生じた時点でアウトだがセクハラを黙認して取材をさせていたテレビ朝日もアウト

  • 2018.04.22

セクハラ被害をテレビ朝日の女性社員から告発され、そのセクハラを否定しながら事務次官の職を辞した福田元事務次官。 福田元事務次官を擁護し追認する財務省や麻生大臣の姿勢に批判が集まる一方、テレビ朝日側も女性社員が上司にセクハラ被害を相談していたにも関わらず黙認し、取材を続けさせていたという話まで出てきています。 果てにはこの女性記者によるハニートラップだろうなんて下世話な話も。…国際情勢が […]

4月20日 米ワシントンでのG20に麻生財務相の出席が決まったが何とも複雑な気分

  • 2018.04.19

4月20日 米ワシントンで開かれるG20財務相・中央銀行総裁会合に麻生財務相の出席が決まりました。今回のG20は米中が貿易問題で牽制し合う中、各国の出方や方針を探り合うような会合ともなるので、ひとまずは財務相の出席が決まった事は日本の国益にとってはプラスでしょう。     通常G20という重要な国際会合に財務相が出席するのは当然なのですが、財務省の福田事務次官のセクハラ問題で、 […]

同一労働同一賃金の実現のために正社員の待遇を下げるという愚策

  • 2018.04.14

非正規雇用が爆発的に増えた1990年台後半から約20年。日本経済は庶民にとっては景気回復を実感できないまま、どこか漠然とした停滞が続いているように思います。 非正規雇用状態が常態化している方もいる中で、同一労働同一賃金の議論がここ10年ほどで活発になってきています。 安倍政権が今国会に提出した働き方改革関連法案の大きな柱である同一労働同一賃金の実現。みなさんの事業会社においても非正規雇用の方が働い […]

財務省や防衛省の不祥事に関してそれぞれの省庁の責任であり政府与党としても誠に遺憾というコメントに違和感を覚える

  • 2018.04.04

森友決済文書改ざん問題の財務省に続き、防衛省においても陸上自衛隊のイラク派遣時の日報が『存在しない』と国会で答弁してきていましたが、その日報が見つかり問題となっています。 しかも昨年3月の時点で日報が見つかっていたにも関わらず、公表するのに1年以上もかかっており、組織的な隠蔽が疑われています。   イラク日報、陸自が昨年3月存在把握 稲田氏に報告せず https://t.co/VFJzh […]

森友問題による国会審議空転という国益の損失を考えるべき

  • 2018.04.03

森友問題に揺れる国会。第196回通常国会は本来なら予算案(成立)や重要法案(ギャンブル依存症対策基本法案・原発廃止、エネルギー転換を実現するための基本法案) 環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定の締結についての国会承認など、重要事案が目白押しで森友問題での国会停滞は有ってはならない事なのです。 しかし、森友文書改ざん問題で、国会審議は空転してしまい審議対象の法案はことごとく審議中 […]

麻生財務大臣の森友問題とTPP11を引き合いに出した発言について

  • 2018.03.31

麻生財務大臣が29日の参議院財政金融委員会で、TPP11の新聞報道がほとんどないと指摘。『森友の方がTPP11よりも大事と考えているのが日本の新聞のレベル』などと発言しました。 その後も『新聞は読まないがTPPの扱いは小さかった』と発言したり、日本の新聞報道に物申したいのは良いですが、言い方とか発言の整合性とか裏取りとか、なんか全てが稚拙すぎやしませんかね。   【社説】麻生財務相発言  […]

貴乃花親方が降格処分により年寄へ。組織の中から改革を行う難しさを感じた

  • 2018.03.30

貴乃花部屋の新十両貴公俊関による付き人への暴力問題で、29日相撲協会理事会は師匠である貴乃花親方に2階級降格、貴公俊関に出場停止1場所の処分を下しました。 これは結果的に愛弟子貴公俊を師匠であり親である貴乃花親方が守り抜いたという話でしょう。フジのグッディで木村太郎さんが『クーデターして生き残ってるなんて、組織論からするとあり得ない』って言ってました。 相撲協会ってこういう考え方の人ばかりなんでし […]