海外ニュース

イラン核合意のアメリカ離脱判断がせまる 良好な合意とは言えないがそれでも合意は維持するべき

  • 2018.05.07

  イラン核開発の縮小などを条件に制裁を解除する2015年のイラン核合意(正式名称は包括的共同行動計画:JCPOA)に対して、 アメリカのトランプ大統領が弾道ミサイル開発に対する規制が合意内容に含まれていない事や、2025年に核開発条項の一部の期限が切れる事を問題視し「史上最悪の合意」と切り捨て、合意から離脱する方針を示しています。   トランプ、イラン核合意からの離脱をほぼ固 […]

大韓航空社員らが水かけ事件やナッツリターン事件を受けて退陣要求デモ

  • 2018.05.06

  4日夜 首都ソウルの光化門広場で韓進グループ傘下の大韓航空社員数百名が、韓進グループ会長の娘で、暴行・業務妨害容疑で捜査を受けていたチョ・ヒョンミン氏の逮捕状請求が棄却された事を受けて、経営者一族の退陣を要求するデモを行った。 チョ・ヒョンミン氏は会議中に取引先広告代理店の社員に激怒し水をかけた、いわゆる「水かけ事件」が問題となっていました。   【「水かけ姫」逮捕状請求 […]

米朝首脳会談に向けて和平ムード演出が高まる中で真の平和へのロードマップが描けるかが重要

  • 2018.05.05

  4月27日に行われた南北首脳会談で、板門店宣言が発表され朝鮮半島の和平ムードが大きく広まっています。   南北首脳が「板門店宣言」発表 「完全な非核化」目指す https://t.co/xfYVbLFOsn — 朝日新聞(asahi shimbun) (@asahi) 2018年4月27日 過去に行われた南北首脳会談や6カ国協議においても友和的なムードで非核化が議論され、朝 […]

シリアの化学兵器使用疑惑で、アサド政権やロシア側は使用を否定しているが、そもそも否定するだけではおかしい

  • 2018.04.11

中東シリアの東グータ地区で、7日化学兵器が使用され多数の死傷者が出る悲惨な状況となっています。これは明らかに人道上の大きな問題で、内戦であれなんであれ化学兵器を使用した爆撃や攻撃は断じて容認してはならないでしょう。 アサド政権側やロシアは化学兵器の使用を否定し、米仏英側はアサド政権の責任である事は明らかとし、シリアへの軍事攻撃も検討している状況です。   【シリア 空爆で市民が呼吸困難】 […]

フェイスブックの個人情報流出問題で米議会・情報特別委員会はロシアが情報を入手したかを調査

  • 2018.04.06

問題発覚当初、5000万人以上とされていた個人情報の流出が8700万人にのぼる恐れ フェイスブック個人情報流出問題で、4日の報道によると5000万人以上とされていた個人情報の流出が8700万人分にのぼる可能性があると報道。   #フェイスブック、8700万人の個人情報不正流用か https://t.co/JriS5dH42f — ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 (@WSJJapa […]

4月20日 米ワシントンでのG20財務相・中央銀行総裁会合で貿易戦争に対する各国の足並みは揃うのか

  • 2018.04.02

前回3月のG20財務相・中央銀行総裁会合の共同声明『さらなる対話や行動が必要』 3月20日にアルゼンチン・ブエノスアイレスで開かれたG20財務相・中央銀行総裁会合において、米国の保護主義的な通商政策や鉄鋼・アルミニウム製品に対する 追加関税措置を念頭においた通商問題に対して『さらなる対話や行動が必要』との共同声明をもって閉幕しました。 実に当たり障りのない共同声明で、実質各国の足並みが全く揃ってい […]

米の中国産 鉄鋼・アルミニウム製品の新関税に対する報復措置として中国が米からの輸入品128品目に高関税を課す

  • 2018.04.02

中国財務省は4月2日より、米国からの輸入品128品目に高関税をかける措置を開始します。 これは米国が中国で生産された鉄鋼・アルミニウム製品にそれぞれ25%・10%の関税を課す事を決定した事を受けた報復措置で、この一連の動きが米中貿易戦争へ発展する事が懸念されています。   米国を震源とする貿易戦争への懸念が、世界の金融市場を揺さぶっています。日米で株価が急落、市場参加者は世界経済の変調に […]

英での元ロシア2重スパイ暗殺未遂に端を発したロシアと欧米諸国の対立構図に危機感を覚える

  • 2018.04.01

発端となった元ロシア軍2重スパイ暗殺未遂事件 3月4日 英ソールズベリーの商業施設のベンチで、元ロシア連邦軍参謀本部情報総局大佐のセルゲイ・スクリパリ氏と娘のユリアさんが意識不明の重体で倒れているのが発見されました。 ソールズベリーはロンドンから西の約90kmの観光都市で、ソールズベリー近郊には有名なストーンヘンジの遺跡があります。 セルゲイ・スクリパリ氏の自宅はこの商業施設から1km程離れた場所 […]

ウーバーが東南アジア事業を同業ライバル グラブに売却

  • 2018.03.26

米配車サービス大手のウーバーが、同社の東南アジア事業を同市場で熾烈な競争を繰り広げて来た同業グラブに売却すると26日発表しました。 これによりグラブは東南アジア市場で圧倒的なシェアを獲得する事となり、配車市場の安定化によるサービスの質の向上や、特にウーバーに多かった配車遅れや、割高見積もりや請求の問題が改善される事が期待されます。 元々どちらかというとグラブの方が東南アジアでは評判が良く、私が良く […]